アジア失明予防の会

NPO アジア失明予防の会は、貧困のため十分な眼科治療が受けられず失明の危機に苦しむアジアの人々を救う支援を行っております。

HOME > 活動報告 > ベトナムボランティア参加レポート - 2007〜2008 > ベトナムでの経験を通して学んだこと(西川 明日香)

●  ベトナムでの経験を通して学んだこと(西川 明日香)

2007/8/8~14

 2007年8月8日から8月14日という短い期間でしたが、ベトナムで多くの貴重な体験をさせて頂きました。日本に帰ってきて、写真を見ながらベトナムでの経験を振り返る度に、その時の感動など様々なことが思い出されます。

 看護学生時代、同じ学校の中村由実さんと一緒に山口大学の講演会に行き、服部先生に初めてお会いした日は、先生のハートの熱さにとても感動しました。それからは、先生をテレビで拝見したり、本を読んだりして、先生の事を影ながら応援していました。そして、「いつかは先生に会いに行きたい」と由実さんといつも話をしていました。今回、実際にベトナムにいって、先生にお会いできることになったときは本当に嬉しくて夢のようでした。

 ベトナムで、再び服部先生に会えたときは、本当に感激で胸がいっぱいでした。そして、先生方の活動にも一緒に参加させていただくこともでき、驚きと感動でとても嬉しかったです。最初は、緊張のあまり、ただ棒立ちの状態で先生方が手術されている様子を見学するだけでした。しかし、服部先生の「ぼーっとしてないで、何かできることを見つけて手伝いなさい」という一言で、「私たちにも手伝えるんだ、手伝いたい」という気持ちになることができました。それからは、先生方やベトナム国立眼科病院のホア看護師さんたちにも教わりながら、少しずつですが、お手伝いをさせて頂くことができました。自分たちにも手伝えることがあるんだということが分かりとても嬉しかったですし、自分自身の自信にもつながりました。これらすべての経験は、日本では経験しがたいとても貴重な経験でしたし、とても勉強にもなりました。

 国立眼科病院だけでなく、地方のクアンニン省での活動にも活動に参加させていただき、国立病院と違った視点での学びも多くありました。地方の活動で一番印象に残っているのは、ある患者様が、手術を無事終えて、ぎゅうっと私たちのことを笑顔で抱きしめてくれたことです。言葉は、通じなくても、喜んでもらえているんだということが直にすごく伝わってきて、私自身もとても嬉しい気持ちになりました。

 先生方は、一日に何十件もの手術を行われます。手術を何十件も行い、たとえ疲れていても、患者様に喜んでもらえることがエネルギーとなって、またさらに頑張ろうという気持ちになるのだと思いました。先生が無償で何年もこの活動を続けられているのは、患者様たちが喜ぶ姿をみたいというとても純粋な気持ちがあるからだと思いました。私もこのような気持ちを忘れずに、これからもこのような活動に参加させていただきたいと強く思いました。そして、恥ずかしがらずに、素直に自分の気持ちを表出していきたいと思いました。ベトナムの人々と接してみて、国や言語は違っても、同じ世界に生きている仲間なのだから、みんなで協力して仲良く暮らせる世界になればいいと本当に思いました。

 いままで、世界中で苦しんでいる人の助けになりたいという気持ちはありましたが、自分に何ができるのだろうとずっと考えていました。でも、服部先生に出会って、たとえ、資格や経験がなくても気持ちがあれば、なんでもできるということが分かりました。大事なのは、強いハートを持つことだということを教わりました。このことが、ベトナムでの一番の学びだと思っています。

 今回の経験を通して、ものの見方が変わり、以前より視野が広がったと思うので、日本だけでなく、世界のことなどいろいろなことに関心を持ち続けていきたいと思っています。また、今の自分の気持ちを大切に、いろいろなことに感謝しながら、毎日を過ごしていきたいと思います。そして、今回の経験を通して学んだことを基に、今後の自分の将来についても真剣に考えて、悔いのない人生を生きていきたいです。

 英語やベトナム語などももっと勉強して、また、ベトナムでの活動にも参加させて頂きたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願いします。

 最後に、私たちのこの活動への参加を家族のように温かく受け入れてくださった、服部先生をはじめ、ベトナムのホン先生、栗原先生、ホアイちゃん、服部大使、大沢夫婦、などベトナムでお世話になったすべての皆様に深く感謝を申し上げます。

ボランティアメンバーが大沢宅でディナーパーティー
アジアの貧しい国々の人々が一人でも光を失くさなくてすむように。アジア失明予防の会へのご支援はこちらをクリック!